「スタッフブログ|PAGE2」京都でフォトウェディング【pipicoco】

スタッフブログ

京都でフォトウェディングpipicoco > スタッフブログ

フォトウェディングは新しい結婚式の形?

フォトウェディング

 

以前も書きましたが、ここ数年でますます需要が高まっている「フォトウェディング」。「ナシ婚(入籍のみで結婚式も披露宴もしないこと)」が増加している昨今では、比例するように「フォトウェディング」を希望する新郎新婦が増えているんですって。もはやフォトウェディングはブームと言っても過言ではないかもしれませんね。【pipicoco】のヴィンテージドレス撮影プランも、もちろんフォトウェディングとしてご利用可能ですよ!

そこで今回は、いま注目の「フォトウェディング」について、前回よりももう少し掘り下げて調べてみました(๑•̀ㅂ•́)و フォトウェディングをしようとお考え中の方は参考にどうぞ(いや、もちろん【pipicoco】をご利用いただきたいところではありますが……よろしくご検討くださいませ!)。

 

前述したように「ナシ婚」が増加している近年。ある調べによると「60%以上のカップルが結婚式を挙げない」というデータもあるんだとか。【pipicoco】(Murata Photo Works)がある京都・関西に限らず、全国的にその傾向が強いそうです(๑°⌓°๑)

理由は様々ですが、やはり金銭的な問題が多いようで……そうですよね、大勢のゲストを呼んで結婚式、披露宴を行うことを考えると数百万円単位に……。「それなら新生活のために貯金を使おう」と考える方々が多いようです。また、理由として同様に多いのが「授かり婚」。そうなると結婚準備も何かと大変ですからね……。あとは「再婚」の方が、結婚式は控えるといったケースも。

他に、そもそも「人前でのセレモニーみたいなのが苦手」「大勢の人に気を使うのはちょっと……」という方が増えているという理由もあるみたいです。確かに結婚式や披露宴は「自分たちのため」というよりも「ご両親やご親族のため」といった側面もありますよね。そう考えると、結婚・結婚式というものが、昔とくらべて、より「パーソナルな事柄」として捉えられるようになっているのかもしれません(・0・。)

 

そんな理由を背景に、本格的な結婚式や披露宴が減少傾向にはあるものの、やはり根強いのが「一度はウェディングドレスを着たい!」という新婦さまの思い。誰かのためではなくて、自分たち自身のために「結婚の記念は何かの形にしたい」という思い自体は、今も大多数の方が持っている気持ちのようです。

上記のような「ナシ婚」カップルと同じの考え方を持つ方々でも、そのために少人数での結婚式を行ったりするケースも多いようで、そういったニーズに向けた挙式プランも増えていますよね。「フォトウェディング」もそれと同様に、その思いの受け皿として広まってきたものです。

 

当然、昔から「結婚式は挙げないけど、記念の写真だけは残す」ということ自体はよくあったことではありますが、それが「フォトウェディング」という名前が認知されだしたのは、ここ2、3年くらいでしょうか。それも以前は「スタジオでウェディングドレス姿の写真を撮る」という形式がスタンダードなものでしたが、フォトウェディングが一般的に広まるにつれて、色んなスタイルのプランが出てきましたね。沖縄や北海道といったリゾート地でのフォトウェディングや、和装でのフォトウェディングなどなど、本当に多種多様でどれも人気。【pipicoco】もその一つです! 【pipicoco】では、本物のヴィンテージドレス、アンティークウェディングドレスで撮影できるフォトウェディングプランです。もちろん撮影ロケーションも、それに合わせてこだわっていますよー(◍•ᴗ•◍)

 

そう、【pipicoco】が「ヴィンテージウェディングドレスをお召頂けるプラン」であるように、他にも「むしろフォトウェディングだからこそできる」ということもいっぱいあるんです。

例えば、結婚式や披露宴だと、ゲストのおもてなしも大事なことなので、自分たちのために時間を使うのもなかなか難しくなりますよね。逆にフォトウェディングは、完全にお二人のためだけの時間! 「こんな写真を残したい」という希望を、思いっきり叶えちゃいましょう。「ゲストの前では恥ずかしくて……」なんていうシーンも、フォトウェディングならできちゃいますよね。ちょっとしたおふざけ写真だったり、映画のワンシーンのようにロマンチックなシーンだったり、新郎さまに頑張ってもらって、プロポーズを再現するのも良いですね! 「指輪交換」や「キスシーン」といった結婚式の定番シーンも、もちろん撮影可能! などなど、アイデア次第でフォトウェディングでも色んなことができちゃいます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

お二人だけじゃなくても、ご両親やご友人に来てもらえば、一緒に写真撮影することだってできますよ。

「フォトウェディング」は「写真だけの結婚式」と言われていましたが、お二人の希望次第では「写真だけ」以上の一日に、きっと素敵な結婚の記念日になるはず!

 

「フォトウェディング」も単なる記念写真撮影ではなく、今や「一つの結婚式の形」と言えそうですね\\\\(۶•̀ᴗ•́)۶////

 

【pipicoco】は京都でのフォトウェディングですので、京都府外の方は「遠いー」と思われるかもしれませんが、お打ち合わせなどなど、メールやお電話でも大丈夫ですので、ご相談くださいね。

また、【pipicoco】に限らず、「ナシ婚」でお考えの皆さまも「フォトウェディングしてみようかな」と、ちょっとでも候補に入れてもらえれば幸いです!

 

 

● ヴィンテージドレスのご試着予約はこちらから

 

● 撮影のご予約、お問い合わせはこちらから、それぞれお気軽にどうぞ!

2016年7月04日 · カテゴリー pipicocoスタッフだより

コメント(0)