「ウェディングドレスのシルエットも様々|スタッフブログ」京都でフォトウェディング【pipicoco】

スタッフブログ

京都でフォトウェディングpipicoco > スタッフブログ

ウェディングドレスのシルエットも様々

ウェディングドレスのシルエット

 

ヴィンテージドレス、アンティークドレスの色・デザイン、細かなディティールや、「ウェディングドレスの歴史」などについて何度かこのブログに記事を書いてきましたが、今回は、基本的なウェディングドレスのシルエットについてご紹介いたします(๑•̀ㅂ•́)و

一言に「ウェディングドレス」と言えども、実のところ形は様々。時代によって流行りの移り変わりはありますが、ここでは基本となるドレスシルエットの種類をご紹介いたしますので、これからウェディングドレス探しをなさる新婦様は、ヴィンテージドレス、アンティークドレスに関わらず、参考になさってみてくださいね。

やっぱりウェディングドレス選びは、前撮りだけでなく、結婚式本番でも一番大切にしたいポイントですもんね(◍•ᴗ•◍)

 

まず、ざっくりと分かりやすく種類を大別しますと、ウェディングドレスのベーシックなシルエットはだいたい5種類!(もっと細かい分類もあるのですが……ここではひとまず代表的な5種類をご紹介)

ヴィンテージドレスでもこの基本的なシルエットというのはそれほど大きくは変わらないんですよ。日本の白無垢のような婚礼和装と同様、ウェディングドレスも欧米の伝統的な婚礼の衣装ですから、基本的に「変わらないもの」というのがあるんでしょうね。それでは、その5種類を順にご紹介いたします!

 

【一番人気の定番シルエット! Aライン】

上半身はスッキリタイト目で、裾に従って広がっていく形。そのシルエットがアルファベットの「A」の形に似ていることから「Aライン」と呼ばれます。比較的ウェスト位置が高く、裾にスーッと広がるシルエットは、縦のラインがキレイに見えますので、スタイル良く見せられるんですって。なので、身長や体型を問わず、いろんな方にオススメの定番ラインです。

スッキリしたシルエットですので、上品でキレイな印象ですね。【pipicoco】のドレスナインナップに掲載しているヴィンテージドレスの中では【DRESS・12/チューリップ】がAライン!! スッキリしたデザインでシルエットが分かりやすいので、そちらも一度ご覧くださいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

【ふんわりと可愛い! プリンセスライン】

Aライン同様、とっても人気で定番でもあるプリンセスラインのウェディングドレス。上半身はAラインと同様、体にフィットするスタイルですが、スカート部分がよりフワッとしたシルエットになります。パニエによって、ふんわり加減も調節できたり。

プリンセスラインはその名の通り、まさに「プリンセス」のような愛らしさ、華やかさが魅力ですね。プリンセスラインも体型を選ばないタイプのシルエットですので、より可愛いらしい雰囲気がお好みの新婦さまにはピッタリではないでしょうか(*’∀’人)♥*+

 

【古代ギリシャの女神! エンパイアライン】

プリンセスラインがお姫様なら、エンパイアラインは古代ギリシャの女神! エンパイアラインのシルエットは、古代ギリシャのドレスをモチーフにしているんですね。それだけに、とっても上品でありながらナチュラルで優しげな印象です。具体的には、ウェストではなく胸のすぐ下の切り替えから、スカートが裾までスーッと伸びていくようなデザイン。

ウェスト部分の締め付けがなく、それでいてスッキリしたシルエットなので、体型が気になる方やマタニティの方にも良いんですよね(ㆁᴗㆁ✿)【DRESS・19/カラー】は、エンパイア型のヴィンテージドレスです。

 

【シンプルでスタイリッシュ! スレンダーライン】

「スレンダー」の名の通り、無駄のないストレートなシルエット。スカートの広がりがあまりなく、体にフィットするので、比較的ボディラインが強調されるタイプです。そのため、一般的に身長が高く細身の方が似合うシルエットですが、「ちょっとスタイルに自身が……」という方にも、ドレスのデザインやコーディネートによっては充分に合わせることができますよ(*´`*)

特にドレス自体が、他のシルエットのドレスに比べてシンプルなデザインが多いので、コーディネートも色々考えられますね! 大人っぽさを演出したい新婦さまにオススメのウェディングドレスです。

 

【エレガントな華やかさ! マーメイドライン】

マーメイドラインは上半身から膝までタイトにフィットし、膝下から裾へスカートが広がっていくスタイル。膝下から広がっていくシルエットが「人魚の尾ひれ」のように見えることから「マーメイドライン」なんですね。「Iライン」もこの系統に入ります(【DRESS・02/アマリリス】はIライン)。実は1930年代頃にはすでにマーメイドラインは流行のドレスだったんだとか。

ただ全体的に細身な上、膝までずっとタイトにフィットするラインなので、どうしても着るのに勇気がいりますよね……。それでもフリルやドレープのデザインで、気になる部分もカバーできるものもあるので、諦めずにエレガントな花嫁を目指しましょう(ง •̀_•́)ง

 

以上の5種類が、基本的なウェディングドレスのシルエットの形。

とは言え、Aラインとスレンダーラインの中間くらいの「ソフトスレンダーライン」というのがあったり、スカート丈や上半身部分のデザインによっても印象は大きく変わりますよね。他にもパニエの調整でスカートのふんわり具合を変えてみたり……と、実際に着てみた時のウェディングドレスの見え方は全く違ってくるもの。明確に分類するのが難しいドレスもありますし、「エンパイアラインが着てみたいけど合わなさそう……」などと思わずに、着てみたいものは積極的に試着してみましょう!

とにかく、一生に何度も着る機会はない「ウェディングドレス」。せっかくならお気に入りの一着を着たいですよね。

シルエットの種類のご紹介の中でも、ヴィンテージドレスラインナップの中から何点かピックアップしてみましたが、もちろん【pipicoco】でもドレスのご試着は可能です!

ぜひ実際に色々とご試着した上で、ピッタリのドレスを見つけてくださいね!

 

● 撮影に関するお問い合わせ・ご予約はこちらから

 

● ヴィンテージドレスのご試着予約はこちらから

(※ヴィンテージドレスのご試着は予約必須です)

 

それぞれお気軽にどうぞ٩(๑ˆOˆ๑)۶

2016年6月22日 · カテゴリー pipicocoスタッフだより

コメント(0)

コメント

コメントする